【花札】花合わせの遊び方とルール

花合わせ屋内/インドア

「花合わせ」は主に3人で遊ぶ花札ゲームです。(対象人数:2~6、7人)

手札と場札の花(絵柄)を合わせて取り札とし、その取り札の点数が他の2名より高い人が勝者となります。

別名「ばかっ花」

花合わせに使う札の数

1組48枚を使います。

花合わせの遊び方

一般的な3人での遊び方をご紹介します。

花合わせは場に6枚を並べ(場札)、それぞれ手元には7枚の札を配ります(手札)。

花合わせ並び

場札の中に自分の手札と同じ花(絵柄)の札があればその札を取ることができます(取り札)。同じ花(絵柄)の札がなければ、手札の中の何か1枚を場に置きます。

そして続けて、山札の一番上をめくります。

その札と同じ花(絵柄)の札が場札の中にあれば、その札も自分の取り札として獲得できます。

手札がなくなるとゲーム終了となり、取り札の点数が高い人が勝者となります。

花合わせのルールと進め方

まず最初に「親」を決めます。

花札を裏向けの山にして置き、1枚ずつめくって月の早い方が「親」になります。※同月の場合は得点の高い方が「親」です。

札の「月分け」や得点は以下の一覧表で確認できます。

花札の札の種類と点数の一覧表

札の配り方

札は「親」が配ります。

自分の右隣の「子」の手札を裏向けで2枚 ⇒ 反時計回りでもう1人の「子」の手札を裏向けで2枚 ⇒ 「親」(自分)の手札を裏向けで2枚 ⇒ 「場」に表向けで2枚。という順番で3回繰り返し最後に1枚ずつ「子」と「親」に配る。

手七の場六(それぞれの手札が7枚、場に6枚)の状態にします。

残りの札は場に裏向けで積んでおく(山札)

※参加人数により手札と場札の数は変わります。

  • 2人で遊ぶ場合:手十の場八
  • 3人で遊ぶ場合:手七の場六
  • 4人で遊ぶ場合:手五の場八
  • 5人で遊ぶ場合:手四の場八
  • 6人で遊ぶ場合:手三の場十二
  • 7人で遊ぶ場合:手三の場六

ゲームの流れ

札を配り終えたら親から順番に自分の手札の中から1枚の札を選び、場に出します。

場札の中にその札と同じ花(絵柄)の札があればその札を獲得できます(取り札)。

同じ花(絵柄)の札がなければそのまま場に残します。

続けて山札を1枚めくります。

めくった札と同じ花(絵柄)の札が場札の中にあれば、それも自分の「取り札」となり、同じ花(絵柄)の札がなければそのまま場に残します。

これを反時計回りで順番に行っていき手札がなくなるまで繰り返し、手札がなくなるとゲーム終了となり、取り札の点数が高い人が勝者となります。

花合わせの点数計算方法

花合わせの点数の計算方法は、以下の独自の計算方法で行います。

自分の得点 = (札の得点の合計 – 88) + 自分の役の得点×2 – 他の2人の役の得点の合計

※-88は「基準点」

基準点について

札の得点は全48枚で総計264点になります。(花札の種類と点数一覧表

3人でプレイした場合、1人あたりが264÷3=88となる。

花合わせの役

五光  200点

20点札5枚

五光

四光  60点

「柳に小野道風」以外の20点札4枚

四光

七短  40点

「柳の短冊」以外の短冊9枚のうちのいずれか7枚

(例)

七短

赤短(裏菅原)  40点

「松」「梅」「桜」の短冊

赤短

青短  40点

「牡丹」「菊」「紅葉」の短冊

青短

六短  30点

「柳の短冊」以外の短冊9枚のうちのいずれか6枚

(例)

六短

表菅原  30点

「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚

表菅原

のみ(鉄砲)  30点

「桜に幕」「芒に月」「菊に盃」の3枚

のみ

松桐坊主  20点

「松に鶴」「芒に月」「桐に鳳凰」の3枚

松桐坊主

猪鹿蝶  20点

「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚

猪鹿蝶

花見で一杯  20点

「桜に幕」「菊に盃」の2枚

花見で一杯

月見で一杯  20点

「芒に月」「菊に盃」の2枚

月見で一杯

くさ  20点

「藤」「菖蒲」「萩」の短冊

くさ

藤しま  20点

藤の札4枚

藤島

雨しま  20点

柳の札4枚

雨しま

桐しま  20枚

桐の札4枚

桐しま

花合わせの勝負のコツ

花合わせのコツは何と言ってもまずは「役を覚えること」です。

役を覚えることで「何と何を組み合わせればいいか」「今、必要な札は何か」といったことが瞬時に判断できるようになります。

また、最初は「できるだけ少ない枚数の役を狙う」ことです。

当然ながら7枚の札を集めるよりも3枚で成立する役を狙う方が簡単なので、まずは役を揃える感覚を身につけましょう。

まとめ

花合わせには、地域によって役や点数の扱い方が違う場合も多く、さまざまなローカルルールも存在します。

上記でご紹介した「役」以外にも、「親仲八丁ビキ十丁」「フケ」「雨しま役流し」「雨四光」「カス13枚」などを取り入れるルールなどもあります。

なので、ゲームが終わってから点数計算方法の違いなどでトラブルにならないように、ゲームを開始する前にルールのすり合わせをしておくことをおすすめします。

【花札】こいこいの遊び方とルール
花札の代表的なゲーム「こいこい」の遊び方やルールをご紹介します。コンパクトサイズなカードゲームは持ち運びが簡単なので場所を選ばずどこでも遊べます。ぜひ楽しんでみてください。