【花札】こいこいの遊び方とルール

こいこい屋内/インドア

「こいこい」は数ある花札ゲームの中でも最も代表的な遊び方と言えます。

基本的には2人で遊びます。(3人以上も可能ですがほとんどの場合が2人です)

同じ月札(絵柄)を集めて、できた役の強さで勝敗を競います。

こいこいに使う札の数

1組48枚を使います。

こいこいの遊び方

こいこいは場に8枚を並べ(場札)、手元には8枚の札を配ります(手札)。

こいこい

自分の順番のときに、場札の中に自分の手札と同じ月札(絵柄)があればその札を取ることができます(取り札)。

続けて裏向けで山にして置いてある札(山札)の一番上をめくります。

その札と同じ月札(絵柄)が場札の中にあれば、その札も自分の取り札として取ることができます。

取り札の中で強い役をつくった人が勝者となります。

こいこいのルールと進め方

まず最初に「親」を決めます。

親の決め方はじゃんけんやサイコロなどではなく、札で決めます。

花札を裏向けの山にして置き、1枚ずつめくって月の早い方が「親」になります。※同月の場合は得点の高い方が「親」です。

札の「月分け」や得点は以下の一覧表で確認できます。

花札の札の種類と点数の一覧表

札の配り方

札は「親」が配ります。

「子」の手札を裏向けで2枚 ⇒ 場に表向けで2枚 ⇒ 「親」の手札を裏向けで2枚という順番で4回繰り返し、手八の場八(それぞれの手札が8枚、場に8枚)の状態にします。

残りの札は場に裏向けで積んでおく(山札)

ゲームの流れ

札を配り終えたら親から順番に自分の手札の中から1枚の札を選び、場に出します。

その札と同じ月札(絵柄)が場にあれば自分の「取り札」となり、同じ月札がなければそのまま場に残します。

続けて山札を1枚めくります。

めくった札と同じ月札(絵柄)が場にあれば、それも自分の「取り札」となり、同じ月札がなければそのまま場に残します。

これを「親」と「子」で交互に行っていき、取り札の中でできた役の強さで競うゲームです。

ただし、取り札の中で「役」ができた時に、「このまま継続するか」(こいこい)、「ここでゲームを終了するか」(上がり)を選択します。

「上がり」を宣言した場合には宣言した人に対して役の得点が入り、相手は役が成立していてもしていなくても0点となり、宣言をした人の勝ちとなります。

「こいこい」を宣言した場合にはそのままゲームを継続し、更に高い得点の役を狙うことができます。

こいこいの勝負のコツ

こいこいは、とにかく早く役を作るのがコツです。

「こいこい」か「上がり」を選択するときのかけひきも大事になります。

こいこいの役と点数の一覧

地域などによって役や点数のつけ方が違う場合があるので、ゲーム前に打ち合わせておきましょう。

五光 10点

光札(20点札)5枚

五光

四光 8点

「柳に小野道風」を除く光札(20点札)4枚

四光

雨四光 7点

「柳に小野道風」が入ったく光札(20点札)4枚

(例)

雨四光

三光 5点

「柳に小野道風」を除く光札(20点札)3枚

(例)

三光

赤短 5点

「松」「梅」「桜」の短冊3枚

赤短

青短 5点

「牡丹」「菊」「紅葉」の短冊3枚

青短

猪鹿蝶 5点

「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚

猪鹿蝶

花見で一杯 5点

「桜に幕」「菊に盃」の2枚。役が重複することが多いので省く場合もある。

花見で一杯

月見で一杯 5点

「芒に月」「菊に盃」の2枚。役が重複することが多いので省く場合もある。

月見で一杯

タネ 1点

10点札5枚。1枚増えるごとに1点加算。

(例)

タネ

タン 1点

短冊5枚。1枚増えるごとに1点加算。

(例)

タン

カス 1点

カス札10枚。1枚増えるごとに1点加算。

(例)

カス

その他のポイント

「菊に盃」は特殊で、本来は10点札ですがカス札としても計算することができます。