【花札】むしの遊び方とルール

むしTOP屋内/インドア

「むし」は主に関西地方で遊ばれていた花札ゲームの種類の1つです。

今ではやる人も少ないゲームになっていますが「大阪虫」とも呼ばれ親しまれていたゲームです。

対象人数

基本的には2人で遊ぶゲームです。

「むし」に使う札の数

花札1組48枚の中から「牡丹」と「萩」の4枚ずつ、計8枚を抜いた残りの40枚を使用します。

※最近ではあまり見かけなくなりましたが関西ではこの40枚の専用札を「虫札」あるいは「虫花」という名前で販売もしていました。

「むし」の遊び方

むしは、取り札の点数を競い最も高得点の人が勝者になるゲームです。

むしの特徴的なルール「鬼札(※後述)」の取り扱い以外は花合わせなどとほとんど同じ流れになります。

①親と席を決める

山札

花札を裏向けの山にして置き、1枚ずつめくって月の早い方が「親」になります。※同月の場合は得点の高い方が「親」です。

席順は、月の早い順に親から反時計回りに座ります。

札の「月分け」や得点は以下の一覧表で確認できます。

花札の札の種類と点数の一覧表

※家族や親しい友人と遊ぶときなどは正式なルールでなくとも、ジャンケンなどで決めても良いと思います。

③札を配る

札は「親」が配ります。

「子」の手札を裏向けで4枚 ⇒ 場に表向けで4枚 ⇒ 「親」の手札を裏向けで4枚という順番で4回繰り返し、手八の場八(それぞれの手札が8枚、場に8枚)の状態にします。

残りの札は場に裏向けで積んでおきます(山札)

④ゲーム開始

流れは「花合わせ」などと同じで、親から順に手札の中から1枚を選び場に出していきます。

場札の中に手札から出した札と同じ花(絵柄)の札があればその札を自分のものとして獲得することができます(取り札)のでよく選んで出します。

同じ花(絵柄)の札がなければ、そのまま場に置いておきます。

そして続けて、山札の一番上をめくります。

めくった札と同じ花(絵柄)の札が場札の中にあれば、その札も自分の取り札として獲得できます。

それを順番に繰り返し、手札がなくなった時点でゲーム終了となります。

鬼札とは

このゲームでは、「柳(雨)のカス札」を鬼札として扱います。

柳のカス札

また、鬼札として扱うため「柳札」としては使えません。

でも、柳以外のどの札とも合わせて取ることが可能です。

残った柳札は3枚で1枚が半端札になりますが、その半端札は鬼札を取った人のものになります。

また、場に2枚ある場合は1枚の柳札で3枚ともを取ることができます。

最初に配られた場札の中に鬼札がある場合

最初に配られた場札の中に鬼札があることを「鬼つきの場」といいます。

このとき親は最初に手札を1枚場に出し、山札を1枚めくって必ず場にある鬼札と合わせて取るようにします。

※めくった札と同じ月の札が他にあっても、その札ではなく鬼札と合わせて取ります。
※めくった札が柳だった場合はそのまま場に置きます。(柳があれば合わせて取れます)この場合、「鬼つきの場」は次の人へ継続されます。

鬼札の例外

鬼札が山札の一番下にあったときは、半端に残っている1枚の柳札と合わせて取ることができます。

残った場札はどうする?

例外(鬼札が山札の一番下にあった場合)を除いて、最終的に場には2枚の札が残ります。

これは半端になった「柳札」の残り1枚と、鬼札で合わせて取った月の残り札1枚です。

この場合の残った柳札1枚は、他2枚の柳札を獲得している人の取り分となります。

鬼札で合わせて取った月の残り札1枚は、鬼札を獲得している人の取り分となります。

「むし」での役(出来役)と点数の一覧

五光  30点

光札(20点札)5枚

五光

三光  25点

「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」

むしの三光

藤しま  10点

藤の札4枚

藤島

桐しま  10点

桐の札4枚

桐しま

点数の計算

基本的に2人で遊ぶゲームなので基準点は230点の半分、115点になりますのでそれを超えればプラスになります。

札の点数と上記の出来役の点数が加算されます。

札の得点は以下の一覧表で確認できます。

花札の札の種類と点数の一覧表

ここまでの流れを一局(1月)とし、十二局(12ヶ月)行います。

十二局行ったあと総合的な得失点で勝敗を決まります。