【花札】ポカの遊び方とルール

ポカのTOP屋内/インドア

「ポカ」は花札ゲームの一つですが、ルールが簡単で勝敗がつくまでがとてもスピーディーなゲームなので気軽に楽しめます。

碁石5個を先に取った人が勝者となるので「五文勝負ごもんしょうぶ」とも言われ親しまれています。

ポカをやったことのない人や初心者にもわかりやすいです。

「ポカ」の対象人数

2人

「ポカ」に使う札の数

1組48枚の花札を使用します。

月札の種類と点数の早見表は以下を参考にしてください。

花札の札の種類と点数の一覧表

その他の準備しておく道具

得点をやり取りするために碁石、ゲームチップ、マッチ棒など何でも良いので何かチップに使用できるアイテムを用意しておきます。

麻雀の点棒などがあればわかりやすいです。

点棒

「ポカ」の遊び方とルール

  • ①親を決める
  • ②点数を計算するためのチップを配る
  • ③札を配る
  • ④ゲーム開始

①親を決める

花札を裏向けの山にして置き、1枚ずつめくって月の早い方が「親」になります。※同月の場合は得点の高い方が「親」です。

②点数を計算するためのチップなどを配る

点数のやりとりをするためにコインやつまようじなど何でも良いので、一定の点数を全員が持ちます。

※何もなくても紙に書くなどすればできますが、何か準備しておくと後々の得点の計算などが簡単になります。

③札を配る

札は「親」が配ります。

「子」の手札を裏向けで3枚 ⇒ 「親」の手札を裏向けで3枚という順番で2回繰り返し、お互いの手札が6枚ずつ(手六)の状態にします。

残りの札は場に裏向けで積んでおきます(山札)

そして最後に山札の1番上の札をめくって表向きで場に置きます。(台札)

ひよこの場

④ゲーム開始

「ポカ」では、札を配り終わったら親から順に「台札の月」に続く札を手札の中から出していきます。

たとえば、上記の図では台札が「松=1月」なので親は「2月の札」しか出せません。※手札の中に化札(後述します)があれば出すことができます。

台札が「12月」のときには「1月」に続きます。
1月松(まつ)
2月梅(うめ)
3月桜(さくら)
4月藤(ふじ)
5月菖蒲(あやめ)
6月牡丹(ぼたん)
7月萩(はぎ)
8月芒(すすき)
9月菊(きく)
10月紅葉(もみじ)
11月柳(やなぎ)
12月桐(きり)

最初の段階で親が台札に続く月の札を持っていなければそのまま子に順番を回します。

また、子も台札に続く月の札を持っていなければ親が山札から新しく1枚をめくり、その札を新たな台札とします。

反対に、子が札を出して次の親が札を持っていない場合は子が山札から新しく1枚をめくり、その札を新たな台札とします。

台札に続く月の札を連続して持っていれば一括で出すことができます。

たとえば、上記の図のように台札が「松=1月」で自分の手札に「2月=梅」「3月=桜」「4月=藤」を持っている場合はまとめて一括で出すことができます。

ただし、同じ月の札は1枚までしか出せません。

ゲームの勝敗

このゲームでは先に手札を出し切った人が碁石(他の何かでもOK)を1個獲得します。

その時点でこの回のゲームは終了し次のゲームへと進みます。

これを繰り返し、先に碁石を5個獲得した人が勝者ということになります。

その他の特別ルール

「ポカ」には独特な特別ルールがいくつかあります。

化札(鬼札)

「ポカ」では「化札」(鬼札)が存在します。

化札とは、花札ゲーム「むし」で登場する「鬼札」(柳のカス札)と同じく、他の札とも合わせて取ることが可能な札のことです(他の月の札に化けるという意味ですね)

「ポカ」では「松に鶴」「松の短冊」「梅に鴬」の3枚が化札として扱われます。

ポカの化札

化札の場合、どの月の続きとしても出せますが手札の中に2枚の化札を持っていた場合には2枚ともをまとめて出すことができます。

一二つけ打ち

台札が「1月」(松)の場合、通常であればその次の月「2月」の(梅)を出しますが、手札の中に「1月」(松)と「2月」の(梅)を持っている場合は2枚一緒に出すことができます。

「ポカ」の役と点数

獲得数役の名前役の条件
碁石5個ブッタクリ同じ月の札が4枚すべて手札の中に揃っている役。
碁石2個総出し最初の一手ですべての手札を出し切る役
碁石2個三双(みつくっつき)同じ月の札が2枚ずつ、3組揃って手札の中にある役
碁石2個ピン三枚松「1月」の札が手札の中に3枚揃っている役
碁石2個化三枚(ばけさんまい)化札が3枚すべて手札の中に揃っている役

以下はポカの特殊な役になります。

最初の一手でゲーム終了となる役もありますのでご紹介します。

碁石5個

こちらの役は碁石5個を獲得します。※碁石がない場合はそれに代わる小道具で。

ブッタクリ

同じ月の札が4枚すべて手札の中に揃っている役。

※相手の手札にも同じ役がある場合には引き分けになります。

碁石2個

以下4つの役は碁石2個を獲得します。※碁石がない場合はそれに代わる小道具で。

総出し

最初の一手ですべての手札を出し切る役

※札が配られ手札を確認したらゲームが開始する前に公開しなければいけない。

三双

同じ月の札が2枚ずつ、それが3組揃って手札の中にある役

ピン三枚

松「1月」の札が手札の中に3枚揃っている役

化三枚

化札が3枚すべて手札の中に揃っている役

 

その他の花札の遊び方はこちら