【花札】六百間の遊び方とルール

六百間屋内/インドア

六百間(ろっぴゃっけん)は九州発祥と言われていて主に九州地方~中国地方、及び関西地方で遊ばれている花札ゲームです。

六百間の楽しい遊び方をご紹介します。

対象人数

2人、または3人。

2人で遊ぶのが主流ですが、地域によっては3人打ちが主流という地域もあります。

「六百間」に使う札の数

1組48枚の花札を使用します。

「六百間」の遊び方とルール

六百間の遊び方は「花合わせ」に似ていますが、相手より先に六百点を獲得した人が勝者となるゲームです。

①親と席を決める

花札を裏向けの山にして置き、1枚ずつめくって月の早い方が「親」になります。※同月の場合は得点の高い方が「親」です。

席順は、月の早い順に親から反時計回りに座ります。

札の「月分け」や得点は以下の一覧表で確認できます。

花札の札の種類と点数の一覧表

※家族や親しい友人と遊ぶときなどは正式なルールでなくとも、ジャンケンなどで決めても良いと思います。

②札を配る

札は「親」が配ります。

「子」の手札を裏向けで4枚 ⇒ 場に表向けで4枚 ⇒ 「親」の手札を裏向けで4枚という順番で4回繰り返し、手八の場八(それぞれの手札が8枚、場に8枚)の状態にします。

残りの札は場に裏向けで積んでおきます(山札)

3人で遊ぶ場合は「子」の手札を4枚 ⇒ 場に3枚 ⇒ 「親」の手札を4枚 ⇒ 「子」の手札を3枚 ⇒ 場に3枚 ⇒ 「親」の手札を3枚という順番で、手七の場六(それぞれの手札が7枚、場に6枚)の状態にします。

この時点で「親手を貰う」のも有効です。

※親手を貰うとは

親が札を配り終えたときに、まだ誰も(親を含む全員)札を見る前であれば、子は自分の札と親の札の交換を申し出ることができます。

※場札に同じ月の札が3枚出ている場合は、その同月札の残り1枚を場に出した人が3枚を全て獲得します。
※札を配り終わった時点で手札か場札に同じ月の札が4枚揃って入っている場合は、配り直しになります。

③ゲーム開始

札を配り終えたら親から順番に自分の手札の中から1枚の札を選び、場に出します。

場札の中にその札と同じ花(絵柄)の札があればその札を獲得できます(取り札)。

同じ花(絵柄)の札がなければそのまま場に残します。

続けて山札を1枚めくります。

めくった札と同じ花(絵柄)の札が場札の中にあれば、それも自分の「取り札」となり、同じ花(絵柄)の札がなければそのまま場に残します。

これを反時計回りで順番に行っていき手札がなくなるまで繰り返し、手札がなくなるとゲーム終了となり、先に600点を獲得した人が勝者となります。

札の点数

六百間では札の点数が他の花札ゲームとは設定になっています。

50点「松に鶴」「桜に幕」「芒に月」「柳に小野道風」「桐に鳳凰」「梅に鴬」の6枚

六百間の札

10点「梅に鴬」を除いた10点札と桐の黄色いカス札を含んだ9枚と短冊札10枚の計19枚

六百間の札

六百間の短札

0点「桐の黄色いカス札」を除く全てのカス札

六百間のカス札

六百間の出来役

四光「松に鶴」「桜に幕」「芒に月」「桐に鳳凰」の4枚600点
七短短冊札10枚(柳も含む)のうち、いずれか7枚600点
猪鹿蝶「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚300点
鉄砲「桜に幕」「芒に月」「菊に盃」の3枚300点
雨シマ(ニゾロ)柳の札4枚200点
松桐坊主「松に鶴」「桐に鳳凰」「芒に月」の3枚150点
大三(おおざん)「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚150点
小三(こざん)「松」「梅」「桜」の短冊3枚100点
青短「牡丹」「菊」「紅葉」の短冊3枚100点
草短「藤」「菖蒲」「萩」の短冊3枚100点
花見で一杯「桜に幕」「菊に盃」の2枚100点
月見で一杯「芒に月」「菊に盃」の2枚100点
松シマ松の札を4枚とも揃えた役50点
梅シマ梅の札を4枚とも揃えた役50点
桜シマ桜の札を4枚とも揃えた役50点
藤シマ藤の札を4枚とも揃えた役50点
坊主シマ芒の札を4枚とも揃えた役50点
紅葉シマ紅葉の札を4枚とも揃えた役50点
桐シマ桐の札を4枚とも揃えた役50点
※「四光」と「七短」は「イチコロ」と言って、この役を作った人が無条件で勝ちになります。

四光  600点

六百間の四光

七短  600点

(例)

六百間の七短

猪鹿蝶  300点

猪鹿蝶

鉄砲  300点

六百間の鉄砲

雨シマ(ニゾロ)  200点

松桐坊主  150点

松桐坊主

大三(おおざん)  150点

六百間の大三

小三(こざん)  100点

六百間の小三

青短  100点

六百間の青短

草短  100点

六百間の草短

花見で一杯  100点

花見で一杯

月見で一杯  100点

月見で一杯

松シマ  50点

松シマ

梅シマ  50点

六百間の梅シマ

桜シマ  50点

六百間の桜シマ

藤シマ  50点

藤シマ

坊主シマ  50点

坊主シマ

紅葉シマ  50点

六百間の紅葉シマ

桐シマ  50点

桐シマ

雨流れ

上記の役のうち、「鉄砲」「花見で一杯」「月見で一杯」の3つについては、その回に獲得した取り札の中に柳札が含まれている場合、その役は無効(雨流れ)となります。

その他のルール

鬼札

六百間では、「柳に小野道風」の札を鬼札として使え、また本来の「柳札」としても使えます。

※地方によっては鬼札を「ガジ」「ガジる」とも呼びます。

六百間の紅葉シマ

つまり、柳札はもちろん、上記で記した0点札以外の札であれば全てと合わせることが可能です。

※場札の中に柳以外の同じ月の札が3枚出ている場合は、その札をまとめて獲ることはできません。

鬼札が手札の中にある場合

自分の好きなタイミングで場札にある柳札か0点以外の札と合わせて獲る事が可能です。

鬼札が場札の中にある場合

場札の中に鬼札があったら、手札から札を出すときは柳の札としてしか合わせられません。

または山札からめくった札でも合わせられます。

山札からめくった札が柳札だった場合は、他の柳札が場になければ必ず鬼札と合わせて獲ります。

山札からめくった札が鬼札だった場合

山札からめくった札が鬼札だった場合は、他の柳札が場にあれば通常の柳札として合わせることもできます。

また、他の0点以外のどの札とでも合わせることができます。

ゲームの勝敗

それぞれの手札がなくなったら、獲得した取り札の点数と出来た役の点数を計算します。

フケ

柳と桐を除いた合計点数が30点以下の人がいた場合は、その回の勝負は無効とするルールを「フケ」と言います。